スポンサードリンク
}
Page: 1/5   >>
スポンサーサイト
           

一定期間更新がないため広告を表示しています

近視の原因
           
近視(近眼)とは、屈折異常の一種で、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態です。この屈折異常には、近視の他に、遠視、乱視などもあります。

近視・・・調節弛緩の状態において、網膜より手前で像を結ぶ状態
遠視・・・調節弛緩の状態において、網膜より後方に像を結ぶ状態
乱視・・・網膜の一点に像を結ばない状態

遠視(遠方視)の場合には、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきりと見ることができません。 逆に近視(近方視)の場合は支障は少ないです。近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下するものではありません。視力低下の原因となる近視の原因は環境性と遺伝性の二つのタイプがあります。

・遺伝性の近視
近視の発生は、遺伝的要因が大きく関わっているのです。ただ、多くの遺伝性疾患のように、どの遺伝子が近視に関係しているとか、親が近視の場合どの位の確率で子供が近視になるといったはっきりしたことは判明していません。

・環境性の近視
近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業により、目に負担をかけることで眼精疲労が起き、また、目に悪い生活習慣や慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事などの理由で、目を動かす筋肉が緊張した状態で固まってしまいます。
そしてこの眼筋の緊張が視力低下(近視)の原因です。

また、肘を突いての読書や、寝転んでテレビを見ることは、見ているものへの距離が左目と右目に差が生じ、視力に左右差が現われます。ガチャ目になると、片方の眼ばかり使うことになるので、一層視力低下が進行し、最終的には強度近視となります。

視力低下を自覚した際は、まず悪い生活習慣を改善し、眼にやさしい生活を心掛けてください。
それと同時に眼科等の専門医を受診し、資料について相談をして見てください。
乱視の原因
           
乱視とは眼球の角膜、ときに水晶体が歪んだ状態が原因で、入射する光線が網膜上の一点に集まらないため物が二重に見えたり、かすんで見えたりする眼の異常です。

乱視の原因には、水晶体が原因の場合もありますが、多くの場合角膜が原因です。正常な人は、角膜は横方向も縦方向もほぼ同じカーブをしているのですが、乱視の人ではカーブの度合いが、横方向と縦方向で異なります。そのために横方向と縦方向とで屈折力に差が生じ、眼底にはっきりとした像を結ぶことができないのです。

一般的に乱視は余り変化することはなく、軽い場合には近視と同じようにメガネで矯正出来るので、特に心配する必要はないのですが、乱視が強い場合にはメガネでは物が歪んで見える為、ハードコンタクトレンズを使用します。
現在、乱視用のソフトコンタクトレンズも販売されているので、ハードコンタクトレンズが苦手な人でも、無理なく矯正する事が可能です。
また、レーシックのようなレーザーによる屈折矯正手術で乱視を矯正することも可能ですが、これまでは複雑な乱視の場合は難しいとされてきました。しかし、近年、ウェーブフロント技術によって理論的には複雑な乱視のレーザー治療も可能となりつつあります。

近視の矯正
           
近視の矯正(屈折矯正)法としての大前提として矯正の目的は、日常生活に支障が
出てしまう程度の近視を正視の状態に近付けることです。
近視の他にも、乱視や遠視等の視力の出にくい目の屈折異常を矯正し視力を回復
させることを視力矯正と言います。
通常は、メガネやコンタクトレンズを使用して視力矯正を行うのが一般的です。
近視矯正には他にレーシック(手術)やオルソケラトロジー(特殊トレーニング)等の
方法もあります。

まず、近視矯正方法の基礎知識として、まずは視力の分類についての説明です。

・視力の4分類
◇裸眼視力
矯正しない視力を裸眼視力。
◇矯正視力
メガネやコンタクトで矯正した視力。
◇片眼視力
片方の目を完全に閉じさせて測定した視力。
◇両眼視力
両方の目で測定した視力。
片眼視力より、通常10%程度視力が良くなるといわれる。

視力矯正が絶対に必要な場合とは、目の視力が形成される時期と言われる6歳以下の
子供が一定以上の近視、遠視や乱視また左右の視力差の違いがある場合です。
近視の矯正方法は、基本的にメガネやコンタクトレンズを装用して視力を回復させるの方法が一般的です。
メガネやコンタクトレンズ使用にともなう多少の不自由さはありますが、その不自由さを
理由にメガネをかける時期を遅くするのは、疲れ目や眼精疲労の原因になるので
避ける様に注意してください。

偽近視(目の疲労により一時的に近視のような状態になること。仮性近視、調節緊張性
近視とも呼ばれる)は、目薬や飲み薬を服用、3か月ぐらいの薬物療法で効果が現れない時は、
メガネやコンタクトレンズを装用し、視力を矯正することになります。
一方、病的近視では、メガネによる矯正視力が良好でない場合は、コンタクトレンズで
よい視力が得られることがあります。視神経の機能障害としておこってきた状態、
たとえば出血、網脈絡膜萎縮等の眼底変化などは、それぞれ専門的な治療が必要です。

近視・乱視カテゴリー

リンク

近視・乱視 記事

Sponsored Links

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM
アテニア化粧品 トライアル