スポンサーサイト
           

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>
乱視の矯正
           
乱視は視力低下の原因であり、乱視の目は人一倍「見る努力」が必要なため、放置すると、知らないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちです。また、乱視は疲労感や頭痛、肩こりなども引き起こすこともあります。
この様な乱視の矯正方法ですが、以下の様な矯正方法が一般的です。

◇メガネによる乱視矯正
乱視の矯正には、一方向だけを矯正する円柱レンズが使われます。乱視では角膜の屈折力が
そろっていないため焦点ができません。このため、一方向だけに屈折力を持つ円柱レンズを使い、角膜のカーブのきつい面から入ってくる光を調節します。この円柱レンズとは、
円柱を立てた場合、縦方向に垂直に切り取った形状のレンズです。凹と凸の円柱レンズがあります。
この円柱レンズと、球面レンズの組み合わせにより、さまざまな乱視に対応するのが一般的です。

◇コンタクトレンズでの乱視矯正
よく乱視はメガネかハードコンタクトしか使えないと言われるのが、それは間違いです。
円柱レンズを使った乱視矯正用具には、メガネやハードコンタクトレンズの他、
ソフトコンタクトレンズでもあります。最近では、乱視矯正用の使い捨てソフト
コンタクトレンズも発売されています。

また、角膜が原因の乱視には、専用のハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズで
矯正することができます。詳しくは眼科で相談してみてください。

◇手術やレーザーによる乱視治療
メガネやコンタクトレンズの装用に向かないスポーツなどをよく行う場合、コンタクト
レンズの装着に体質的に無理がある場合など、手術やレーザー治療により乱視を治療することもできます。

これらの方法は、専門の眼科医により手術の適正を判断してもらうことが大前提になります。
納得できるまでよく相談し、自己責任の上で乱視矯正手術の判断をしてください。
スポンサーサイト
           

近視・乱視カテゴリー

リンク

近視・乱視 記事

Sponsored Links

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM
アテニア化粧品 トライアル